心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

  • 日本語
  • 中文

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

心連心トップページ > 高校生交流事業 > 日記一覧 > 陳天行さんの日記

陳天行さんの日記

ホームスティの生活初印象

2017.09.18

一週間前、新幹線のチケットが手に渡された時から、私のホームスティ生活が始まりました。

 東京に迎えくれたの私ホストファミリーのお母さん、私の新しい学校の先生でした。お母さんはとても優しい人で、中国語も英語もできます。私たちが大阪で電車に乗り換えて、ほぼ40分で家に着きました。

 家は大阪府と和歌山県橋本市の間の田舎に位置します。各戸の家は山の下に集まって、狭い道の両側に並んでいます。一戸建ての家は庭に囲まれて、庭にたくさんの植物が植えてあって、とこでも緑でいっぱいです。田舎と言っても、全然貧しくないです。各戸のかレンジに色んな車が何台も止まっていて、家にはさまざまな調度や電器も揃っていて、まるで現代化の田園生活です。

 私の部屋は2階にあります。家族は普段それぞれの部屋にいて、食事の時はみんなリビングルームに揃って、食事しながら、喋ります。三人がよく料理をコメントしたり、学校のことを話したりします。時々ニュースやドラマなどもみます。自分の日本語のレベルは低いし、日本の生活にまだ慣れていないし、よくお母さんかお父さんに分からないものを教えてもらいます。みんなは真正な家族のように楽しく日々を過ごしています。異郷にも温かい家庭があって、自分が本当に幸いだと思っています。

もうすぐ強い台風がきますが、こんな温かい家にいて、護られている感じがします。この家で、後の10か月を充実に過ごすと期待します。

 

 

 

  • これは日本語で投稿されたものです

コメント

  • 大滝さん

    日本語での日記投稿すばらしい!陳くんの滞在する町の様子がとてもよくわかりました。日本のゴミの分別は複雑ですよね。先生も毎回ゴミを出す時に、説明書などを確認しています。

  • ふーちゃんさん

    陳くん、こんにちは、日中交流センターの後藤です。陳くんの日本語がとても上手なので驚きました!台風の影響はありませんでしたか?和歌山県は紀伊半島に位置しており、台風の通過の多い地域なんですよ。今度、ご飯を食べるときに台風についてホストファミリーに聞いてみるのも良いかもしれませんね(^^)

ページTOPへ