心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生交流事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク整備事業
4つのイベントを通して
中国地方の観光地と魅力を知ってもらい、観光振興を図る。
政治やメディアを通してではなく、
自ら身を持って中国の方と交流し、新しい価値観を創造する。
若い世代だからこそ国は違えど共感できることがある。
1人1カ所担当場所を決め、その場所の観光地や美食を伝えます。
日本の中国地方のことをどのくらい知っていますか?
中国地方に何県があるか知っていますか??
日本に来たら、中国地方に来てみたいですか??
ほとんど中国地方に何があるか
知っている人はいなかった…
しかし!みんな訪れてみたいと回答?
中国地方のことを発信する
中国の観光都市に詳しくなる
異文化理解を深める
ご当地料理を知ってもらうために広島お好み焼を実演。
オンラインでも、距離を感じさせない同時進行で調理し共に食べます。
●協力して作る料理
●思い出になる
●CPたちが、今後も自分たちでつくることができる
ホットプレートでつくるので、PCカメラでも手元もよく見せることができ、「誰が一番上手につくれたのか」など盛り上がることができました。当日は調理する人以外の人が手持無沙汰になることもありましたが、中国の子も上手に作れ、一緒に食べることができ、大成功でした!
必要な調理器具・材料洗い出し、計画
物品購入リストをまとめる
レシピ、調理動画をつくってシェア
わかりやすい日本語原稿を準備
回線状況の確認
中国ではYouTubeが見れない
→調理動画を日本語字幕をつけて転送。
調理は何度もリハーサルしておく
→日中でのリハの前に、日本人だけでリハをしとくべし。
 私たちはリハーサルを2回しました。
有線の心配
少しでも接続が止まると大変なことになるため、
無線よりも有線を推奨。利用教室の確認は必須。
材料購入
ソース、天かす、青のりetc. などなど、
日本でしか手に入らない食材、そして調理器具は
中国のショッピングサイトで揃えてもらった。
互いにおすすめのお菓子を食べながら
ZOOMでクイズ大会や飲み物やお菓子について話します。
お菓子はお互いの国でそれぞれ購入して共有。
(AMAZONや淘宝)
かっぱえびせん、じゃがりこ、コロロ、ジャガビー、ポテトチップス
といった日本で人気のあるお菓子を用意してもらった。
中でもコロロ(グミ)が人気。
蛋黄酥、麻花、椰子糖、洽洽瓜子、凤梨酥、老婆饼。
中国の紅茶やはちみつ柚子と一緒に食べた。
日本側では洽洽瓜子 が人気だった。
知らなかったお菓子が多く、飲み物も日本と違い中国にいる感じを感じることができました。
日本語で、互いになぞなぞやご当地クイズを出し合った。
正答率が一番良い人への景品として、日本の駄菓子を贈った。
中国の学生と協力してNiziUのMake you happyの
ミュージックビデオを作成しました。
そして完成した動画は交流の最終日に同時上映し、
感動のフィナーレで締めくくることができました。
各自パートの振り分け、動きの確認、覚える
ZOOMにて進行状況の共有、
ダンスリーダーによる指導、個人撮影
全体撮影、編集、最終確認
●ダンスを通じてコミュニケーションがとれるようにした。
●中国CPの人数が多かったので満遍なく振り分けるようにした。
●ダンス動画だけでなく練習風景や交流の様子などの
 写真を入れて交流自体を振り返れるものにした。
●初めての動画編集のため慣れない事ばかりだった。
●中国CPの進み具合があまり把握できなかった。
●同時上映でタイミングを合わせるのが難しかった。
安田女子大学
日高 衣菜
私が担当した、観光地紹介は私が半ば強引に提案したもので、最後まで責任をもって成し遂げたい活動でした。
同じチームの易さん、范さんはとても優しく、協力的で大好きです。当日もみなさん一生懸命日本語で発表してくださり、感動しました。そして何より桂林の学生に会いたい気持ちが強くなりました。
今回の活動はオンラインだったので正直至らない点があったと思いますが、ふれあいの場の準備期間に培われた絆は忘れられないです。それは全て終わった後の涙が証明してくれています。これからもこの機会に出会った学生と交流していきたいです。
はん いかい
范 怡恺
今回の交流活動はとても素晴らしかったです。活動を通じて、様々な日本の文化を勉強し、新しい日本人友達ができました。ウィーチャットでみんなと話すのはほんとにうれしかった。皆さんと一緒にダンスを学び、お好み焼きを作り、中日両国のおいしいお菓子や観光スポットを紹介し、日本についての理解と興味も深くなりました。違う国にいても、心は通じ合っていて、私はすごく感動しました。これからもこの珍しい思い出を大事にします!
い しょかん
易 書涵
今回のイベントは私にとってとても面白くて、新しい体験です。今まで、こんなに日本の友達を交流したことはありません。お互い観光地を紹介して、料理を作って、クイズをして、ネットの交流しかないですが、いろいろなことを体験しました。そして、日本の文化や知識など、もっと了解しました。今回は一番残念なことはコロナウィルスの原因で、日本の皆さんに会えなかったことです。皆さんは本当に優しい人で。これから日本に行けるなら、ぜひ皆さんに会いたいと思います。
しゅ ほう
朱 萌
このイベントのおかげで初めて日本人の友達ができて本当に楽しいと思っています。最初は交流する交流時私の下手な日本語が聞き取れるのか、自分が言いたいことがうまく伝えられなかったらどうするのか、いろいろ心配していました。しかし、日本人の友達みんな優しくて明るくて、いつでも私の話を辛抱強く聞いてくれました。
この素晴らしいイベントを通して、日本という国についてもっと知っています。そして、五人の可愛い女の子と友達になれることが本当に幸運だと思っています。イベントが始まってからこの三か月ぐらいの間に、オンラインでゲームをしたり、気軽に話したりした時間が本当に楽しかったです。
最後の日、共同で作った動画を見た時、この三か月間のいろいろなことを思い出せるか別れに名残惜しいのか、みんなは悲しくて、あまりの感動に泣いてきた人もいる場面がいまでも記憶に深く残っています。
コロナの影響で会えなかったにもかかわらず、私たちの心が繋がっていると信じています。中日両国の友情が長く続けるように心から願っています。また、新型コロナウイルスが一日も早く収まることを強く願って、それからいつか日本に行ってみんなと一緒に遊んだり、美味しい料理を食べたりしたいです。
安田女子大学
石津 小雪
企画、準備、実施まで手作りの国際交流は初めて経験でした。始めは少し不安もありましたが、全員でオンラインゲームをしたり、踊ったり親睦を深めてからは、準備期間も楽しくなり、成功させるため責任感が強くなりました。
最後のビデオでは感動して泣いてしまいました。会えなくても、こんなに心の通じ合えた仲間ができました。国際交流基金さん、広西師範大、DITBのみんなありがとうございました!
はん せい
潘 婧
このイベントに参加できて嬉しかったです。活働の准備を始めてから、活働が終わるまで、みんな一丸となって困難を乗り越えて一つ一つを成し遂げていきました。
今回の活働に参加することで日本の友達ができ、日本の文化を知ることができるだけでなく、中国と日本の友達の相互理解を促進する机会にもなります。
これから日本の友達と交流する機会がたくさんありますように。
い こうてい
易 興婷
今回の活動のおかげで、オンラインで日本の皆さんと一緒に話し合ったり、ゲームをしたり、お好み焼き作ったりできて、色々な楽しみをもらいました。
私たちは違う国に生まれて、コミュニケーションがうまくいけないかもしれないと思いましたが、実にそんなことはなくて皆は優しい人です。ありがとう~
最近、日本にも中国にもコロナウイルスの状況が依然として厳しいですが、いつかこの難関が跨げて、普通の生活に戻れると信じます。
一緒に頑張れ!いつか中国か日本で皆さんに会えことを楽しみにしていますよ。
りゅう ほうだん
劉 芃男
今回のイベントに参加できてとても嬉しかったです。新型コロナウィルスのせいで面対面の交流ができませんでしたが、Wechatでの交流もとても楽しかったです。
今回のイベントを通じて、日本の中国地方についてもっと深く知りました。それ以外にも、とても面白い日本のパートナーと知り合って、みんなとも友達になりました。
この短い三ヶ月は私の心の中の忘れられない思い出です。日本の皆さん、誠にありがとうございます。
安田女子大学
中川 里香
オンラインの開催で、中国で交流できなかったことが残念に思いましたが、中国について沢山知ることができ、中国で行ってみたい場所が増えました。
中国の皆さん、交流基金の方、メンバーの皆ありがとうございました!楽しく交流することができました。
いつか会える日を楽しみにしています。
こ ぎん
胡 銀
今回のイベントはみんなの協力のもとで円満に成功しました!残念ながら、新型コロナのせいで面と向かっての交流はできなかったが、冬から春を越えたこの短い三ヶ月の間に、何度もオンライン会議を行うことで、イベント準備に関する会議だけでなく、みんなの仲を深めるゲームコーナーもあり、お互いに理解が深めてき、日中両国の文化の違いに触れることもできました。それと同時に、皆さんはいつも元気で優しいという感じをして、いつかまた皆さんに会えるのを楽しみにしています。最も大切なのは、観光地部分の風景、茶会パートの歓談、料理パートの味、また、ダンスパートの笑い、この四つの部分にはみんなと一緒に忘れられない思い出を作ったことです!これからもこの思い出を大事にします!
ちょう かし
張 華思
今回のイベントは本当に嬉しかったです!日本の皆さんはとても優しくて、いろいろなことを私に教えてくれて本当にありがとうございました!この特別な異文化体験を通じて、心と心の連係は深く進めていくことが感じます。日本の皆さんと仲良くして、いつかどこかで会いたいです!
し けんち
史 权智
今回のイベントはとても楽しかったです。最初に日本の皆さんと知り合った時は嬉しくて緊張しました。一緒にNiziuのダンスを習って、一緒にゲームをしました。毎回、オンラインミーティングを楽しみにしていました。コロナのせいで私たちは会えませんでしたが、インターネットを通じて私たちはしっかりと繋がっています。3ヶ月はあっという間でした。観光地紹介では日本のことをたくさん教わりました。
ダンスビデオも素晴らしかったです。みんな一生懸命、共同作業をしましたね。日本のみんなは優しくて可愛いです。本当に皆さんが好きです。日本のみんなと友達のなれたことが一番嬉しかったです。この思い出を大切にします。
ら きしょう
羅 貴鍾
このイベント中に日本の皆さんと交流して、中日文化の差を感じました。
しかし、中日両国も一緒に努力して言葉や文化の壁を乗り越えることができました。わたしはとても感心しました。
今回の交流が終わっても、またみんなと話したい、学び合いたい、中日両国間の文化交流の橋を築きたいと思いました。
りょう かか
梁 佳佳
今回のイベントはとても楽しったです。イベントの前にwechatをしたり、一緒に動画でダンスを学んだりしました。イベントが始まった後、中国と日本の都市を紹介し、日本の都市の有名な観光地をより深く知ることができました。そして私たちは一緒に日本料理を作りました。本当に美味しくて、私は2つも食ベてしまいました?
今回の活動を通して日本のみんなと出会いましたが、日本のみんなは優秀で、友達になれてとても嬉しかったです。
今後、機会があれば、是非深圳に遊びに来て下さいね!
おう ぼく
王 墨
この活動を通して僕は多くのことを学びました。日本から来た新しい仲間たちとwechatで話していると、最初は不慣れで緊張していましたが、だんだん明るくなってきて、カメラの前では気まずさが無くなり、日本語の会話も上手になりました。日本語のレベルも上がって、新しい友達もできました。僕にとってこの日中交流イベントは、有意義なものとなりました。
安田女子大学
松本 舞
最近ヘイトクライムなどが問題になっており、その度に生まれ育った土地や文化が違うだけでこんな事が起きるのだろうと思っていました。
そんな時にもっとお互いの国についてリスペクトして 協力していくという事の大切さを身をもって体験できたのがこの日中交流でした。特にお好み焼きを一緒に作るという食文化を通して作業できた事にとても感動しました。
素晴らしい体験を一緒にしてくれた広西師範大学のみんなに感謝しています!
安田女子大学
河野 涼
オンラインでの交流は初めてで緊張しましたが、ミーティングでの交流やwechatを通して、皆さんととても仲良くなれたと思っています。
私達ダンスグループはダンスを覚えたり、編集したりと大変なことも多かったですが、その分達成感もあり、やりがいと責任を感じることができました。どのイベントも楽しすぎて、とても中国の皆さんに会いたくなりました…
またこの交流では、“国同士の仲が悪くても、人と人との繋がりや絆はいくらでも私たちで作ることができる“ということを証明できたと思っています。この交流に参加できたこと、この仲間たちに出会えたこと、すべてに感謝します。
この企画に携わってくださった広西師範大学桂林ふれあいの場CPのみんな、楊先生、国際交流基金日中交流センターの皆様、安田女子大学の渡辺先生、ほっしー、DITBチームメンバーに心から感謝申し上げます。
以前は、政治的にはあまりいいイメージではない中国でしたが、等身大の中国の大学生と出会って、ユーモアがあって温かい人ばかりで、印象が大きく変わりました。コロナが落ち着いたら、DITBで中国に行きたいと話しています。実現できるのがたのしみです。
物理的な距離があっても、心で繋がることのできた素晴らしい経験になりました。ありがとうございました! 石津小雪

BACK TO TOP