心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生交流事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク整備事業
西南学院大学 国際文化学部国際文化学科 教授
金縄 初美 先生
今回の日中交流事業は、新型コロナウイルス感染の影響により、世界各地での往来が難しいなか、オンライン交流による日中交流ができたことは大変有意義でした。企画の内容は、「博多どんたく」「博多祇園山笠」「箱崎放生会」という福岡を代表する三大祭りを参加者に体験してもらうことを通じて、福岡の魅力を伝えるというものでした。企画内容を具体的に計画していく過程では、オンライン交流という初めての経験に対し、具体的にどのように企画内容を計画していくか模索し、緊張や不安もあったのではないかと思います。しかし交流を重ねるにつれ、西南【にわか】ガールズはカウンターパートの雲南師範大学のメンバーとしだいに打ち解け合い、アイディアを出し合いながらイベント開催にむけて協力しあうことで、緊張がしだいに解けていったように見受けられました。この準備過程が今後の交流にもつながる大切なステップだったと思います。オンライン当日は、音響などの問題もありましたが、2日間のイベントのなかで、カウンターパートのみならず、イベント参加者との交流をもっと増やすといったことなど、イベントを実施するなかで学び、改善することができたことは大きな収穫でした。そして今回、日中交流イベントを通じて友人となったメンバーが今後も引き続き交流を続け、「老朋友」になることを願っています。
Zoom上での作り方の説明となりましたが、カウンターパートの皆さんが参加者の近くでサポートしてくれたおかげで、スムーズに作ることができました。参加者の皆さんが、自己流のにわか面を真剣に制作する姿がとても印象的でした。
にわか面を付けて、博多弁クイズを行いました。そのあとの日本のメイク説明の時でも、引き続きにわか面を付けて参加してくれる参加者もたくさんいました。
すべての部で、最後にはにわか面を付けて記念撮影を行いました。
Zoomの画面をスクリーンに映して、参加者の皆さんと一緒に写真に写ることができました。
グループごとにアニメキャラクターやアイドル、日本風の模様などを画用紙に貼り付けた飾り山笠を製作し、モチーフやストーリーなどを発表しました。
各チーム、華やかな飾り山笠ができました。
それぞれの物語性やテーマなどが個性的で、発表を聞くのも非常に面白かったです。参加者も時間が足りなくなってしまうほど集中して取り組んでくれました。
放生会についてのクイズと、日本のお祭りでの定番の物についてのクイズを実施して、私達が昔から楽しんできた日本の伝統的な出店や遊びについて知ってもらいました。難易度も丁度よく、参加者の皆さんはしっかり選択肢に悩んでいて楽しんでいるようでした。
射的・輪投げ・ヨーヨー釣りの体験コーナーを実施しました。
射的と輪投げには日本語の的を貼ることで、日本語学習の要素も取り入れました。またこの時間に、参加者に対するインタビューを行ってもらい、Zoomを通して参加者と日本側の交流を行ないました。日本人と会話ができて嬉しかったという声もあり、楽しく交流ができました。
今回のイベントはとても有意義だと思いました。
手作りも楽しかったのでまた参加したいです。
イベントに参加できて嬉しかったです。
聞こえ辛かった時、CPが翻訳をしてくれたり、
日本側が話すスピードをゆっくりにしてくれた
りして、とても楽しかったです。
にわか面を作るのが面白くて、
より近くで日本の文化に
触れることができて良かったです。
このイベントを通じて日本のお祭りの
知識をもっと知ることができました!
日本に行って日本のお祭りを感じて
みたいです!
リーダー
西南学院大学 2年
やがわ ゆま
矢川 夢真
私は、コロナ禍で減ってしまった国際交流の機会を探していたところこの事業を知り、応募しました。今回はオンライン開催ということで、どうやったらオンライン上でも参加者に楽しんでもらえるかをCPと共に試行錯誤して取り組むことができとても有意義な時間となりました。今回出会えた皆さんと、今度は中国で会える日を楽しみに今後も勉強に励んでいきたいです。
副リーダー
西南学院大学 2年
なかはら のぶみ
中原 靖望
このコロナウイルスの影響下で同世代の中国の学生と交流できたのはとても貴重な経験になりました。オンラインであったことを本当に悔しいと思うほど、カウンターパートとの交流もイベント本番も楽しく活動ができたと思います。何となく興味があって参加した事業でしたが、かけがえのない友達を得られて非常に有意義でした。これからも交流を続けていきたいです。
西南学院大学 2年
ふじい りか
藤井 梨佳
中国の大学生とイベントを作り上げるという貴重な経験が出来たことをとても嬉しく思います。オンラインでの交流ということで慣れないことも沢山ありましたが、カウンターパートの皆さんの協力のおかげでとても楽しいイベントを開催することができました。この交流会を通じてより一層中国の文化、言語に興味が湧きました。今回の出会いを大切にし、今後もカウンターパートの皆さんと仲良く交流を続けていきたいです。
西南学院大学 2年
はしの ゆうか
橋野 結香
今回の交流が自分にとって初めての外国との交流でした。そのため、不慣れなことも多く、また、コロナウイルスの影響で実際に現地に行って交流することはできず、オンライン開催となってしまいましたが、結果すごく楽しく終えることができたので、とても良かったです!オンラインのため、接続の問題など避けられない問題もありましたが、その都度対策を考えることもできたので良かったと思います。総合的に、とても良い経験になりました!
西南学院大学 2年
なかがわ ゆうな
中川 侑南
コロナウイルスの影響によりオンライン開催となった今回のイベントでしたが、とても思い出に残るイベントとなりました!現地に行って実際にカウンターパートの皆さんや参加者の皆さんと会えないのは残念でしたが、精一杯楽しむことができました。イベント当日の様子を見て、楽しそうに活動している学生を見て、自分も参加してよかったと感じました!貴重な体験ができました!!
西南学院大学 2年
やまもと まりな
山本 麻利菜
今回イベントに参加して、オンラインを通じて海外の方と交流するという新しい体験ができました。直接会うことが一番であるのには変わりありませんが、コロナの流行でそれが出来なくなった今、新しい方法で交流が出来たことは自分の人生で大きな財産になったなと思いました。私は今までの経験から、イベント後も交流を続けて行くことが一番難しいと考えています。なので今回のイベントで知り合ったカウンターパートの皆とは、これからも仲良くしていきたいです。
リーダー
とうけい
鄧渓
今回の交流活動に通して私がすごく勉強になりました。コロナの影響で、今年の交流活動がオンラインで開催することになりました。日本の方々と直接会って交流できなくなったのはすごく残念ですが、みんなの協力でいいイベントができたのは本当に嬉しいです。イベントを開催する前に、日本の方々と相談して、一緒にイベントのために頑張ってきました。初めてのオンラインイベントですが、皆様のおかげで無事に終わりました。イベント当日来てくれた参加者たちもすごく喜んでくれました。イベントの途中、インターネットの問題がありましたが、日本の皆さんが大変手伝ってくれて、ちゃんと問題を解決しました。今回のイベントについて、私が新しい友達ができて、福岡に関する知識を得ました。皆さんと一緒に交流できて本当によかったと思います。いつか機会があったら、絶対日本に来て、皆さんに会いに行きます。皆さんもぜひ中国に来てください。いつでもお待ちしております。
りまんり
李万莉
今回のイベント、日本側の皆さんからたくさん助けてもらいました。日本側のみんなが私たちと一緒に何回も繰り返しました。そして、皆さん優しいし、私たちに対して根気もあるし 、おかげで日本の多くのことが新たに見えてきました。ネットで福岡を案内してくれました。休日なのに、お疲れ様でした。オンラインミーティングのきっかけで色々知らない知識が増えました。この数ヶ月の間に、ネット会議も何度か行って、みんなにネット上で会って、一緒にイベントを企画することもできました。いつも楽しかったです。日本側のみんなに大変お世話になりました。
ちょうげつ
張玥
コロナの感染拡大以来、他国とのコミュニケーションだけではなく、国内の交流もできなくなりました。その中で、今回のイベントは私たちとって、掛け替えのない体験だと思います。リモートの形で皆さんと一緒にイベントの開催のために準備して、いろんな困難も越えられました。残念ながら日本の方々に会う機会がなかったですが、リモートを通じて交流したりや学校の案内を中継したりしてくれて、本当に楽しかったです。今回のような友好交流イベントは多くの友好事業に関心を持つ人々に交流の場所を提供して、両国の障壁を取り除くことにとても役に立つと思います。これからもこのような有意義なイベントに参加し、日中友好事業に力を尽したいと思います。
おうけいい
王景怡
今回のイベントは本当に楽しかったです!日本側の皆さんと一緒に頑張って、たくさん時間をかけて、このイベントを準備しました!参加者の皆さんはイベントを楽しんで、「福岡の祭りと文化について知識をもっと分かって、日本側の皆さんといろいろな交流できて嬉しい」と参加者から聞きました。イベント中はネットの問題があったのがちょっと大変でしたが、皆さんで問題を解決できて良かったです!!今回のイベントは私にとってとっても貴重な経験です!日本側の皆さんは本当に優しい!友達になった良かったです!皆さんお疲れ様でした!もし機会があればぜひ中国に来てください!
りか
李珂
2021年3月6日~7日、国際交流基金会日中交流センターと昆明ふれあいの場が共催する日中交流イベント「きんしゃい! 福岡お祭りツアー」雲南師範大学呈貢校区図書館1階の日本語コーナーで開催されました。スタッフとして今回のイベントを参加させて頂きまして、光栄の至りです。この大学生交流事業は、雲南師範大学外国語学部日本語学科の学生との共催で行われました。準備と片付けは大変ですが、「にわか面」・飾り山笠・日本語のクイズ・射撃・輪投げ・ヨーヨー釣りなどのイベント、私も体験しました。活動の過程で、日本語の聴解とコミュニケーション能力が向上し、日本に関する知識と日本文化の魅力を理解しました。来場者の皆さんは、もちろん私もイベントが面白いと言って、いつか福岡来て実際にお祭りを体験してみたいと思います。これらの経験はこれからも私の宝物として私と一緒に成長します。
りちょうゆう
李朝雄
今回の日中大学生交流イベントに通じて、私どもはオンラインイベントの開催方法とか、異文化間の交流を面白くするやり方とかについて、大変勉強になり、準備期間もいろいろと大学生同士でのふれあいができて、大変嬉しかったと思っております。コロナのせいでオフライン交流はなかなか難しくなったのは実に残念なことですけど、世界各地のワクチン接種も進んでいますし、実際に日本の方々と向き合って交流できる機会が来られるように、期待しております。
そうこう
曹珩
私にとってこのイベントは意義がたくさんあります。最初は日本語の話し言葉が下手だと思って、緊張していました。しかし、会議を重ねるうちに、日本側の友達と親しくなり、自分の考えを伝えるようになりました。だんだん緊張しなくなりました。これが私の収穫です。今回のイベントは、大体順調に進んでいたと思います。イベントの前に何度もオンラインミーティングを行い、何度も何度も確認した結果、私たち何をどうすべきかが明確になりました。イベントの途中で、ちょっとしたトラブルがありましたが、お互いに協力して、うまく解決できました。参加者もこのイベントを楽しんでいました。私にとって、これは素晴らしい体験でした。
ようしげん
姚思源
コロナ禍の影響で実際にイベントを行うことができませんでしたが、ネットを通じてみんなの力を合わせて、イベントを一所懸命にやり遂げることができました!この数日間、日本語も日本の文化も、そして福岡のお祭りについてももいろ勉強になりました!イベントにいらっしゃった方々の楽しんでいる姿を見て私も心底から嬉しく思っていました!私はおっちょこちょいなので、仲間たちからたくさん助けてもらいました。みんなと出会えて本当に良かったと思います!みんなのお世話になりました!ありがとうございました!
ちんしょう
陳霄
新型コロナウイルスの影響で、今回の活動はオンラインで開催されました。ちょっと残念です。オンラインで活動を開催されても、いろいろ福岡についての文化と日本近年多く使って若者言葉を勉強になりました。教科書では学べない日本の文化をもっと理解しました。活動を準備する時も日本側の参加者といろいろな交流がありました。それによって、友情が結ばれました。とても嬉しいです。
えんき
袁琦
今度のイベントを通じて、日本文化、特に福岡のお祭りについてもいろいろ理解できました。本当にありがとうございました!ネットで日本の方々と出会えて、ゲームしたり、コミュニケーションしたり、すごく楽しかったです!コロナの影響でネットを使って様々な困難を乗り越えて、イベントが無事に終わってよかったと思います。もし機会があれば、ぜひ昆明に遊びに来てください‼︎楽しみしています!
 今回は、同じゼミに所属する6人でこの事業に応募しました。当時は対面授業が再開されたばかりでしたので、日本側のメンバー同士も良く知らないという状況でのスタートで不安がとても大きかったです。しかし、アドバイザーの金縄先生と共にメンバー全員で何度も話し合いをしていくうちに一体感を高めることができました。
 CPの皆さんとの交流では、始めは皆緊張していましたが、回を重ねるごとに仲良くなり、協力してイベント準備を進めていくことができました。今回はオンライン開催ということで、どのようになるのか想像がつかない部分が多く苦労しましたが、CPの皆さんは私たちが言うことをすぐ理解してくれて、イベント当日はテキパキと動いてくれたおかげでイベントはすごくいいものになりました。参加者の皆さんに福岡の魅力を十分に伝えることができたのではないかと思います。今度は、今回出会えた皆さんと直接お会いできることを楽しみにしています!
 そして、このイベントに関わって下さった全ての方々に感謝いたします。ありがとうございました。
西南【にわか】ガールズ 一同

BACK TO TOP