心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生交流事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク整備事業

心連心

2015.09.08~09.14重慶ふれあいの場大学生交流事業

聖徳太子ーず×重慶師範大学

重慶に滞在した7日間の様子

スケジュール

EventReport9/11(金)

運動会

約160名の小学生が参加!

運動会

重慶師範大学付属小学校で、1~3年生の全生徒を対象に運動会を開催!日本の運動会のように「チームで協力して行える団体競技」として、ラジオ体操、ケンケンパ、玉入れ、ドッジボール、綱引き、バケツリレーを行いました。小学生と大学生が国籍や民族に関係なく、力を合わせてプレーしました。楽しく真剣に協議に取り組む中で、児童との距離が縮まり、今回の活動テーマの「和」を達成できたと思います。

イベント以和为贵9/12(土)

約300名が参加!

餅つき

餅つきコーナー

イベントは餅つきでスタート!まずはスタッフが餅つきを披露し、続いて、来場者にも餅つき体験をしてもらいました。体験希望者が長蛇の列を作り、小さな子どももスタッフと一緒に餅をつきました。味付けコーナーでは、子どもたちが餅を丸めたり、引っ張ったりと楽しみながら、黄な粉やあんこで味付けした餅を試食しました。「お餅って何だろう?」という疑問に答えるため、模造紙で餅の由来やつく手順、食べ方などを紹介しました。

遠足

遠足コーナー

あたかも来場者が遠足で日本に行ったかのように、色々な日本文化を知れるコーナーを設置しました。「花見」、「寿司」、「日本語」、「アニメ」、「マンガ」といった日本文化の要素を写真付きの模造紙で紹介し、来場者はテーマ毎に出題されたクイズを解きながら日本を旅しました。全てのクイズに正解した人には景品として日本のお菓子を贈呈!来場者は景品をゲットするため、クイズに真剣に挑戦していました。

お祭り

お祭りコーナー浴衣体験射的ヨーヨー釣り輪投げ

日本特有のお祭りの楽しい雰囲気を味わってもらうために、射的、ヨーヨー釣り、輪投げコーナーを用意しました。また、和服を実際に体感して日本文化の美しさを理解してもらえるよう、浴衣の着付けコーナーも設けました。どのゲームコーナーでも来場者たちは真剣そのもの!浴衣コーナーでは、来場者は浴衣姿の美しさやスタッフの着付けの手際の良さに感心したようでした。子どもから大人までお祭りの楽しさを知ってもらうことができました。

お茶

お茶コーナー

「日本人と中国人のお客さんが直接ふれ合う場」をコンセプトに、麦茶を片手に自由に会話ができる場を提供しました。日本の昔ながらのおもちゃあるけん玉、オセロ、おはじきも用意しました。特にけん玉が大人気で、中には購入を希望する人も。子どもから大人まで何度も挑戦し、玉がきれいに乗った時には満面の笑みを浮かべていました。リラックスした雰囲気だったので、自然と会話も広がり、友情を築けたと思います。

手紙

手紙コーナー

心連心を形にするために、イベント参加者の思いをハートや思い思いの形に切った折り紙に書いていただき、模造紙に貼り合わせました。

来場者の声

イベントは有意義でしたか?

とても有意義だった77%、比較的有意義だった21%、あまり有意義ではなかった1%、全く有意義ではなかった1%

日本の友達と交流できた。日本の文化の醍醐味に気づいた。日本文化を理解できました。など

この出会いを一期一会にしない

リーダー神奈川大学 佐藤翔太

 私にとって、中国人は特別な存在ではありませんでした。普段から仲良くしている友人がたくさんいて、一緒にご飯を食べて、よく遊んでいます。国籍や民族を意識することはなく、楽しく過ごしています。ですから、私自身は中国人に対して特別な感情や偏見はありません。ただもっと仲良くしたい、新しい友達を作りたいという気持ちで、大学生交流事業に応募しました。そして、今回知り合った仲間は、異民族や異文化といった意味を越えて、全く特別な存在になりました。
 今回の旅の始まりは、派遣先である重慶の位置を探すことから始まりました。重慶だけを特集したガイドブックは見つからず、掲載されていてもわずか数ページのみでした。この交流事業に参加しなければ、おそらく重慶に訪れることはなかったと思います。また、みんなに会うこともありませんでした。この貴重な機会を生かし、最高のイベントにしようとワクワクして準備に取り組みました。全員の協力があったからこそ、練習や準備を十分に行うことができ、本番での成功につながったのだと思います。
 このような大きな事業で一緒に作業した仲間は宝物のように大切な存在です。1週間は短く、交流し足りなかったことが残念です。しかし、私たちの掲げるテーマ「和」は、いつか完成するものではありません。画用紙に描く絵のように、自分でやめるまで、いつまでも色を加え続けることができます。私はこの出会いを一度きりのものとせず、今後もこの素晴らしい関係を続けていきたいです。

  • 法政大学今村凪沙

    運動会、お餅つき、ブース展示の全てにおける皆さまの協力に心から感動し、胸が熱くなりました。

    聖徳太子ーず

    東京大学浜田光太郎

    最高の仲間に出会えた一週間でした。ますます中国に興味がわいてきました。

  • 慶応義塾大学小林沙衣

    このプログラムに参加して自分の目で中国を見て自分の肌で中国のあたたかさを感じて素晴らしい体験でした。

    早稲田大学登坂直弥

    自分の目指す外交の基本ともなりうるような、下からの交流の可能性を感じました。

    東京学芸大学山内皓貴

    初めての中国でした。暖かかった現地の学生、市民との交流をベースに知った中国の好意的な側面をきちんと伝えていこうと思います。

重慶師範大学

一週間の思い出を大事にすること

重慶師範大学朱 妍渝

今まで日本について学習しましたが、実際に日本人と接する機会は多くありませんでした。そこで日本人と仲良くなりたいと思い、参加希望しました。
私は今回、リーダーを務める中でいろいろなことがわかりました。日本人は中国の文化に興味を持っていて、優しく、協調性がありました。わたしが感動したのは、日本人と中国人が夜遅くまで協力して準備していたことです。一生忘れられないと思います。みんなのおかげでイベントは順調にできました。本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。私はこれからもよく勉強し、日本に関わる仕事に就きたいです。

和を作ろう

重慶師範大学何 秋潔

今回のイベントは、「和」をテーマとして行いました。「和」は日本だけでなく、中国にもこの精神があります。共通の意識のもとで、中国と日本の若者は交流しました。私は中国側リーダーの一人として、みんながイベントをうまく行えるように、また、メンバーたちがお互いに深く交流できるように頑張りました。時間が経つのは早かったです。あっという間に、一週間が過ぎました。別れたときは、日本の皆さんと友情の絆ができたと強く感じました。みんなの声、一緒に踊った踊り、食べた料理、その暖かい笑顔は、もう私の心に刻まれています。この「和」の精神が両国の若者の間に広まるように、みんなで一緒に頑張りましょう!

  • 王 宏微

    4年生になって、もう一度交流活動に参加できた。とても、うれしかったです!ありがとうございました。

    陳 美琪

    今度のイベントを通して、日本からの皆さんと友達になって、うれしっかたです。日本文化をもっと知りたくなってきました。

    唐 玉娟

    活動に参加して本当に楽しかったです。みんなと一緒に仕事をして面白いと思いました。それに、参加した後で、日本の文化や日本語などを沢山知りました 。本当に日本語の学習に役に立ちます。

  • 郁 沁雨

    この一週間でいろいろなイベントに参加しました、大成功です。みんなに出会えて本当にうれしい。

    郭 琳琳

    活動に参加して本当に楽しかったです。みんなと友人になりました。日本語の勉強に役立ちました。

    林 木森

    皆さんと仕事するのが本当に楽しかった。日本の文化の勉強にもなりました。

  • 姚 文燕

    日本人はとても努力家だと思う。日本の文化をたくさん知り、日本の学生と友達になりました。皆さんは良い人でとても楽しかった。もしチャンスがあれば、またイベントに参加したい。

    曾 鈺

    皆さんと一緒に仕事ができて、本当に楽しかった。皆が大好き!

    王 婧之

    日本の皆さんはとても優しくて熱心でした。責任感が大切で他人の気持ちを考えなければならないと思いました。日本のことをもっと知ったのでイベントに参加して本当によかった。

  • 陳 星西

    このイベントを通して、日本の若者と交流して日本を深く理解しました。今回の活動に参加してとても楽しかったです。

    李 宗健

    イベントに来場してくださった方々それぞれが持つ日本に対してのイメージを変えることや、より一層の理解を深めることの一助となっていれば私の本望。みんなと出会えたことが何より嬉しかった。

    徐 文鈺

    活動に参加して本当に楽しかったです。みんな一緒に仕事をして面白いと思いました。日本の文化を勉強しました。本当にありがとうございました!

  • 林 紅

    今回はこんな素晴らしいイベントに参加できて、とても嬉しかった。本当に勉強になりました。またこのようなイベントに参加したい。

    劉 健

    日本からのみんなと友達になりたいです。日本語を勉強してもう2年になりますので、日本の皆さんと交流したいです!

    陳 小琳

    日本側のみなさんと出会って、とても楽しかったです。また会いたいな。

  • 殷 瑞霞

    今回のイベントからいろいろ勉強になって、優れたみんなと会えて本当に嬉しかったです。

    王 一平

    みんなと頑張って本当に楽しかったです。また会いたいです!

    張 潔

    今回この事業に参加して日本文化に触れて面白いと思いました。国が違うけど共通点もあって、少しでもいいからお互いを理解しあってこの友達を大切にこれからも末永く仲良くしていきたいです。

  • 屈 成

    皆さんと一緒にイベントのために過ごした一週間は楽しかったです。いろいろ勉強にもなりました!

    劉 雪芹

    いろいろ勉強になりました、みんなありがとう。みんなと出会えて本当に良かったと思うね。

    董 騰遠

    この一週間疲れたけど面白いです。日本の皆さん、ありがとう。

BACK TO TOP